スケジュールの検索お見積もり

ethiopia

Connecting Ethiopia to the world

MSC has been connecting the world to and from Ethiopia, through the gateway port of Djibouti, since 1991. Today, MSC Ethiopia is the biggest container carrier loading export cargo from Ethiopia to global destinations and the second-largest for imports in the Djibouti Ethiopia corridor.

お見積もり、ご予約、現地でのサービスに関するお問い合わせはこちらまで

料金
エチオピアの外貨不足とそれに伴う送金の制限により、MSCは送金をジブチにて回収しています。
危険物

ジブチ港湾局は、すべての危険貨物を船舶到着の48時間前に申告することを義務付けています。

  • POLは以下の必須書類を提供する必要があります。
  • IMO危険物申告書
  • 危険物取扱者名簿
  • パッキングリスト
  • MSDS

2021年1月に施行された新規則により、以下のIMCOクラスは、荷受人による直接引渡しを条件に、ケースバイケースで特別認可による排出が認められています。

注)荷受人が直接引渡しを受ける準備ができていない場合、コンテナは同じ船に積み替えられ、貨物の移動と返却にかかる追加費用は荷送人・荷受人の負担となります。POLは、MSCジブチからの確認なしに、直接配達を必要とするIMCO貨物を引き取るべきではありません。MSCジブチのMSDSは、荷受人・通知人・通過国の名前、住所、連絡先、受入確認のために提供する必要があります。

  • IMCO Class 1 - Explosives all UN numbers.
  • IMCO class 2.1 - Flammable Gases UN 1057, gas lighters.
  • IMCO クラス 3 - 引火点が23℃未満の可燃性液体
  • IMCO Class 4.1 - Flammable Solids (self-heating and reactive substances) UN 1944 safety matches.
  • IMCOクラス4.2 - 自然発火の危険性のある物質
  • IMCO クラス 4.3 - 水反応性物質(液体および固体)
  • IMCO Class 5.1 - 酸化剤。UN 1448 過マンガン酸バリウム、UN 1485 塩素酸カリウム、UN 1495 塩素酸ナトリウム、UN1513 塩素酸亜鉛、UN 1942 硝酸アンモニウム、UN 2067、UN 2071 硝酸アンモニウム肥料、UN 2880 次亜鉛素酸カルシウム
  • IMCO Class 5.2 - 有機過酸化物
  • IMCO クラス 6.1 - UN 2994 ヒ素系殺虫剤、液体、毒性および吸入による毒性物質
  • IMCO Class 6.2 - 感染性物質は一般的に禁止されており、特別な許可をハーバーマスターとDGPS部門から得る必要があります。
  • IMCOクラス7 - 放射性物質(要輸送免許) ハーバーマスターの認可を受けたターミナルでのみ許可される。
  • IMCO クラス 8 - 腐食剤 UN 2031, 2032 硝酸

上記の直接搬入に指定されていないすべての危険貨物は、10日間ターミナルに滞在することができます。10日以内に通関できない場合、コンテナは次の船舶に積み替えられます。1回限りの罰金500米ドルと1日あたり100米ドルの保管料が、初日から輸入船籍に積まれるまで課されます。

危険物については、30日以内であれば、タリフ通りの保管料で、多少の遅れは許容されますが、30日を超えるコンテナについては、1日あたり1TEUあたりUSD50の保管料が発生します。

以下の危険貨物は、ジブチでの排出、イエメン、ソマリアへの通過が禁止されています。

注:SGTDターミナルからの通達により、イエメン、ソマリア向けトランジット貨物も取り扱わないこととなりました)。最終目的地であるジブチでの排出、及びエチオピアへのトランジット貨物については制限を受けません。従って、POLはブッキングを受け付ける前に、荷送人とMSCジブチ事務所に確認し、実際の正しい仕向地を確認し、それに応じてブッキングを受け付けるか否かを決定してください。MSCジブチの確認なしにPOLが下記の危険貨物を引き受け、ターミナルが取り扱いを拒否した場合、各POLに積み戻され、関連する全ての費用は当該POLの代理店に請求されることになります。

  • IMCO クラス 4.3 UN 1402
  • IMCO Class 5.1 UN 1477, 1942, 2067, 2071, 2880,
  • IMCO クラス8 すべてのUN番号

危険物ラベルのない未申告IMDGコンテナ。初回の場合、ターミナルから船社に対し、コンテナ1本あたり566米ドルの罰金が課されます。同じ年に繰り返される場合、料金はコンテナあたりUSD 1,414となります。

保管料

30日未満のコンテナの場合:公表された「DCTタリフ」による。

30日以上のコンテナの場合。1日あたりUSD 50

万が一、コンテナに漏れが見つかった場合、船会社にはターミナルから連絡が入り、48時間以内にクロススタッフィング、荷受人の清算、本船への積み戻しなど、定められた期限内に速やかに是正措置を取らなければなりません。

危険物の流出、漏洩又は火災による損害のために、ターミナル、港湾局又は第三者が負担した人、ターミナル及び環境の安全確保に関するすべての費用は、当該船社に請求されます。

オフィス勤務時間
月曜日から金曜日まで 8:30AM-5:00PM
昼休み12.30-1.00PMはお休みです。
週末は休業
禁止されている貨物
IMOクラス7は禁止されていますが、事前の承認(荷受人がこれを取得し、荷受人が直接引渡しを受けること)を条件として、ケースバイケースで受け入れています。

MSCエチオピアの事前承認がない場合、身の回り品、家財道具、中古タイヤ、寄贈品、中古医療機器、中古機械等の貨物はお受けできませんのでご了承ください。
貨物積載
MSCの貨物取り扱い設備は戦略的に配置されているため、確実に効率的かつタイムリーな輸出・輸入商品を荷積みします。また、当社は、貨物混載、荷積みと再荷積み、梱包、開梱、およびコンテナからトラックまでのクロスドッキングにも対応しています。
コンテナ計量(VGM)
MSCのすべてのローカルオフィスでは、海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS)の規制に則した手順で、認定を受けた測定器を使用してコンテナ重量(総重量確定情報またはVGM)を記録および検証します。VGMの指示は安全上の理由によりすべての貨物に必須であり、船のオペレーターはコンテナ重量が適切に検証された場合にのみ荷積みすることができます。詳しい情報やサポートに関しては最寄りのMSCチームまでお問い合わせください。

Last update:

Last update: 2022-10-04T01:37:00