MSC現代奴隷制の
透明性に関する声明

MSC現代奴隷制の透明性に関する声明

MSCでは、人材がすべての行動の中心にあります。人権と労働基準を尊重し、促進するための私たちの取り組みは、私たちが事業を行うあらゆる場所で、陸上と海上で働く人々、世界の海運サプライチェーンで共に働く人々、そして地域社会を守るためのものです。

MSC現代奴隷制の透明性に関する声明は、英国現代奴隷法2015年第54条およびこの件に関する類似の法律に従い、広範なMSC貨物部門人権デューディリジェンスプロセスの一環として、事業活動、業務、サプライチェーンにおける現代奴隷制度、奴隷的慣行、人身売買のリスクを特定、防止、軽減することを目的とした主要慣行とプロセスの概要を提供しています。

MSCにおける人権に関する詳細については、「社会的課題への対応」をご覧いただくか、最新のサステナビリティレポートをご覧ください。

詳しくは、最新の「現代奴隷制の透明性に関する声明」をご覧ください。

ダウンロードはこちら

MSCは2016年以降、毎年「現代奴隷制の透明性に関する声明」を提出しています。

過去の声明はすべてこちらでご覧いただけます。

  • 2016 Modern Slavery Transparency Statement
  • 2017 Modern Slavery Transparency Statement
  • 20018 Modern Slavery Transparency Statement
  • 2019 Modern Slavery Transparency Statement
  • 2020 Modern Slavery Transparency Statement