スケジュール検索
pharmaceutical products, pharma logistics pharmaceutical products, pharma logistics

医薬品を出荷する際の
パートナー

お客様が世界を世界を助けるのを助けます
カタログのダウンロード

医薬品の輸送は
当社にお任せください

より多くの製薬会社が、医薬品やその他の必要不可欠な商品を、必要な場所に迅速かつ安全に届けるために海上輸送を利用しています。

MSCの輸送は、GDPに準拠した手法だけでなく、世界の主要な貿易拠点を結ぶ広大なグローバルネットワークからも利益を得ることができます。信頼性が高く、費用対効果の高い配送を、あらゆる目的地に提供することができます。

  • グローバル展開
  • GDPクレーム
  • 最先端
    リーファー技術
  • 豊富な機材と搬送方法

世界有数の冷凍船

医薬品の輸送には、温度管理されたリーファーコンテナが必要です。当社のリーファーコンテナには、以下のような最先端の冷却システムが採用されています。

  • Primeline®
  • Naturaline®
  • Star Cool SA

これにより、輸送中の医薬品貨物を必要な温度に保つとともに、除湿システムにより損傷や劣化を防ぐことができます。また、当社の最新車両は、最新のグリーンテクノロジーを搭載しており、お客様のサプライチェーンの二酸化炭素排出量を最小限に抑えることができます。

GDPに準拠した業務

当社のGDP認証は、製薬業界が求める厳しい規制に当社のプロセスが合致していることを保証するものです。MSCでは、貨物は、いつでもどこでも適切なサポート、アドバイス、ドキュメンテーションを提供できるよう訓練された専任のエキスパートの手に委ねられています。

世界各地の現地専門家

輸送のグローバルリーダーとして、MSCは50年以上にわたって繊細で危険な貨物を輸送してきた経験があります。製薬業界に深い知識を持つ現地の専門家が、お客様の貨物の輸送中、24時間体制で対応し、必要に応じてコンテナの準備や梱包をお手伝いします。

FAQご覧いただくか、

ドアツードアのセキュリティ

医薬品の輸送は、非常に高価であることが多いため、安全性が最も重要です。当社のコンテナは集荷から配達まで密閉され、施錠されています。当社のドアツードアサービスは接触点を最小限に抑え、製品の品質と整合性を向上させ、盗難や損傷のリスクを低減するのに役立っています。

当社は、最適な輸送条件を保証するために、高度に標準化された管理手順で行っています。

港から港までの輸送以上のサービスが必要だから

陸上でも海上でも、医薬品の物流とサプライチェーンをAからZまで安全に準備するために必要なものはすべて揃っています。

  • MSC貨物保険
  • 通関サポート
  • あらゆる規模のビジネスに合わせたドアツードアの輸送ソリューション
  • ドキュメンテーションサポート

当社の医薬品物流ソリューションについてのご質問はこちら

当社にお任せください

GDP(Goods Distribution Practice)準拠のために、通常どのような監査が行われていますか?

当社のGDP認証は、強制的な内部監査と外部監査によって支えられています。当社は、自社(第1者)、ベンダーとサプライヤー(第2者)、外部の認定機関(第3者)が私たちのシステムを監査する、第1者、第2者、第3者の厳しい監査プログラムを通過しています。

各監査では、サプライヤーのプロセスやシステムについて、以下の要素をチェックします。

- 文書の検証 - GDP システムの文書による検証
- 現地査察の実施
- 校正の検証
- トレーサビリティ試験の確認
- CAPA(Corrective Action and Preventative Actions)管理プロセスの確認
- システム全体のパフォーマンスの確認、改善計画


品質はどのように評価されるのでしょうか?

GDP実践のためのパフォーマンス指標は、品質を確保するためにMSC内の複数の部門によって、以下のように監督されています。

- カスタマーサービス(代理店レベル)
- リーファー管理(SSC Antwerp)
- MSC本部クレーム対応部門(ジュネーブ)
- 懲戒処分の対象となる貨物(SSC Greece)

CAPA(Corrective Action and Preventative Actions)手続きを行っていますか?

はい。GDPに対応するため、社内にCAPA管理を導入しています。CAPA管理は社内で共有され、そのパフォーマンスは定期的に評価されています。

関連書類はどこにありますか?

すべての関連文書は、お近くの製薬会社の専門家から入手できますので、お近くのMSC営業所までお問い合わせください。

MSCのスタッフは、GDPのトレーニングを受けていますか?

GDP/FSMSに関わるMSCスタッフは、冷凍船の取り扱いや保守、警報・事故管理、CAPA管理など、それぞれの役割に関連した研修を対面またはオンラインで受講しています。

これらの研修への参加は必須であり、また検証も行われます。

GDPに準拠するために、容器はどのように洗浄するのですか?

これは、ジュネーブとアントワープのリーファー事業部門が監督しています。
また、コンテナや貨物のニーズに応じて、洗浄のためのトレーニングの実施や高い洗浄基準の遵守も監督しています。
ベンダーが当社のGDP基準を遵守しているかどうかを確認するため、世界各地で具体的な監査が計画・実施されています。

コンテナは温度管理されていますか?

はい!これらの手順はすべて、ISO22000の監査や、一般的なGDP慣行の一部となっています。

ジュネーブと主要施設の両方に、温度調節機能付きユニットの取り扱いに特化した部署を設置しています。すべての代理店に温度管理されたコンテナを専門に扱う部署があり、プレトリップやアラームの扱いなどの訓練を受けた専門家が各施設に常駐しています。

各船には、搭載される機器の種類に応じて、必要不可欠なスペアパーツが装備されています。

温度管理はどうなっていますか?

温度監視は、船舶・港湾・施設とのサービス契約協定によって規定されており、1日に最低2回の制御が含まれています。ユニットが許容範囲から外れた場合、警告が発せられます。

GDPユニットの場合、許容範囲は要件からの「ゼロ偏差」です。特定の貨物の積み込み計画やルーティングについては、温度マッピングが荷主と合意されています。

MSCのコンテナの温度センサーは校正されていますか?

熱センサーの校正は、建設業者とスペアパーツの供給者の認証によって保証されています。

さらに、MSCの試験では、ユニットの校正を検証するための特定の手順と、ユニットのプローブが正しく校正されていることを検証するための特定の監査プログラムが用意されています。

貨物は安全ですか?

MSCのセキュリティ部門は、米国税関・国境警備隊(USCBP)の最高基準と要件に従って貨物を維持・監査しています。シールマネジメント計画は、全社の営業所とデポに適用され、組織全体を貫きます。

当社の安全な貨物検査は、ISO 28000:2007の認証に準拠しています。

認証されたサプライヤーと取引していますか?

港湾やデポ施設のように温度管理されたコンテナを扱う当社の主要ベンダーすべてにおいて、医薬品を含む特殊貨物の取り扱いに関する特定の条項が設定されています。

監査業務は、当社の調達部門が実施・検証し、当社のISO28000:2017認証、GDP2013およびGDP2015認証、ISO22000:2018に沿った形で実施されています。