apples.jpg apples.jpg

リンゴ
の輸送

リンゴは収穫した日と同じ鮮度とおいしさを保つ。

世界中に展開している海運企業

ニュージーランド産のリンゴは世界中に出荷され、ヨーロッパの市場まで長距離輸送されていることをご存知ですか?

実は、ニュージーランドは世界有数のりんご輸出国で、年間の輸出量は40万2000トンと推定されています。緑豊かで温暖な気候のニュージーランドは、絶好の栽培条件を備えており、南半球に位置するため、自国のリンゴシーズン以外でも新鮮な果実を供給することができるのです。

MSCは広範なネットワークと世界各地の港をカバーしていることから、ニュージーランド産リンゴの主要輸送会社の一つとなっています。MSCの船舶は、ニュージーランドのリンゴ輸出市場の主要な目的地全てに寄港し、リンゴ生産者に真の世界的なリーチを提供しています。

  • 最先端
    リーファー技術

  • グローバル展開

  • 専任のカスタマーサポートチーム

ご存知ですか?

ニュージーランド産リンゴの品種には、グラニースミス、ロイヤルガラ、ブレーバーン、ハニークリスプ、フジなどがあります。

カタログのダウンロード

リーファーコンテナ輸送のエキスパート

MSCは、最新技術を導入した世界トップクラスの冷凍コンテナ船を運航しています。ニュージーランド産のりんごは、ヨーロッパの市場に届くまでに最も長い冷凍海上輸送距離を移動することが多く、MSCの高度な冷凍技術が、りんごが北島や南島の海岸を出発したときと同じ鮮度で目的地に届くようサポートします。

MSCのPRIMELINEとNaturaLINEコンテナは、最も効率的で環境に優しい冷凍装置で、リンゴのような腐りやすい果物を、輸送中も最適な状態に保ちます。

リンゴはどのように輸送されるのですか?

他の果物と同様、リンゴの輸送には細心の注意が必要です。特にニュージーランドからの輸送では、1万キロメートル以上の航海を余儀なくされることがあります。収穫後、リンゴは0℃~4℃の温度で保存する必要があります。

 

輸送中も冷却は継続されます。リンゴを入れた冷凍コンテナの温度が氷点下になってはなりません。もし氷点下になってしまうと、リンゴが腐敗する恐れがあります。また、気温が高くなると、リンゴは汗をかいて湿っぽくなり、細菌感染の危険性があります。コンテナ内の湿度は90~95%に保つ必要があります。

港を越えたサービス

MSCのインターモーダルソリューションは、リンゴ貨物のサプライチェーン全体を通して安全で統合された輸送を提供し、時間の節約とオペレーションの簡素化、農場から港までの物流の統合を実現します。海上輸送の前後にトラックと鉄道のソリューションを提供するMSCは、リンゴ貨物をケアするためのオーダーメイドのソリューションを提供します。

ご存知ですか?

ニュージーランドは合計で約80ヶ国にリンゴを輸出しています。

港から港までの輸送だけでなく、それ以上のサービスが必要だから

  • 複合一貫輸送

  • Digital business
    solutions

  • 通関

  • MSC貨物保険

当社の専門家に連絡する