スケジュールの検索お見積もり

Hong Kong SAR 

香港と世界をつなぐ

MSCは1998年に香港に事務所を設立しました。現在、MSCは毎週13便を香港に寄港させ、230以上のルートを持つMSCのグローバルネットワークに接続しています。

お見積もり、ご予約、現地でのサービスに関するお問い合わせはこちらまで

ストレージ計算-SPRCとHKGからのエクスポート

無料保管・時間外保管の計算方法と時間外保管の料金表は以下のとおりです。

価格はすべて香港ドルで表示されています。

標準 20'DV 40'DV 40'HC  45'HC1
無料保管 7日 7日 7日 7日
最初の5日間  400 750 750  900 
以後 800  1,500  1,500  1,700 

 

危険物 20'DV 40'DV  20'HC  40'HC 
無料保管 2日 2日 2日 2日
最初の5日間 1,000 2,000  2,000  2,250 
以後 1,500 3,000  3,000  3,370 

VGM受信ポリシー

VGM受信ポリシー

SOLAS(海上における人命の安全)規則に基づき、米国のすべての海上ターミナルでは、貨物のVGM(Verified Gross Mass)を記録するために、認証済みのスケールを使用することが許可されるようになりました。詳細については、USA VGMポリシーとターミナルガイドラインをダウンロードしてください。

VGMの説明書には何を記載する必要がありますか?

すべてのVGM指示書には、以下を記載する必要があります。

  • 予約番号または船荷証券(BL)番号
  • コンテナ番号
  • VGM + 重量測定単位(lbs.またはkgs.)
  • 責任者名
  • すべての大文字で書かれた署名者のデジタル署名。

VGM指示書はどのように提出すればよいですか?

  • myMSC (無料)
  • EDI(INTTRA経由;GT NEXUS経由;Cargo Smart経由)
  • MSC社内システム「Magic-Hand

 

VGMの提出遅延と誤申告に関するMSCの管理について

以下の場合、重量誤申告ペナルティを課します。

  • 実際の貨物重量がコンテナペイロードを超える
  • VGMがコンテナ積載量+風袋重量を超える。
  • VGMは貨物重量にコンテナ風袋重量を加えたものよりも小さい
  • VGMと実重量の差異が5%または1000KGSを超える場合。
  • 一方、関係当局および船舶運航会社へのタイムリーな申告を確実にするため、VGMの申告が締切時刻を過ぎた場合、VGM Late Submission Feeが課されます。
  • 手動VGM提出は不可
無料機器計算と追加使用料金表
香港からのローカル貨物輸出のための無料機器計算と追加使用料金 2022年2月15日から適用されます。

料金はすべて香港ドルで表示されます。
港湾・ターミナル

港湾・ターミナル MSCは以下のターミナルを発着するサービスを展開しており、各拠点にローカルチームを置いて、お客様をサポートしています。

  • 香港国際ターミナル(HIT)
  • モダン・ターミナル・リミテッド(MTL)