スケジュール検索

Hong Kong SAR 

香港と世界をつなぐ

MSCは1998年に香港に事務所を設立しました。現在、MSCは毎週13便を香港に寄港させ、230以上のルートを持つMSCのグローバルネットワークに接続しています。

お見積もり、ご予約、現地でのサービスに関するお問い合わせはこちらまで

VGM受信ポリシー

VGM受信ポリシー

SOLAS(海上における人命の安全)規則に基づき、米国のすべての海上ターミナルでは、貨物のVGM(Verified Gross Mass)を記録するために、認証済みのスケールを使用することが許可されるようになりました。詳細については、USA VGMポリシーとターミナルガイドラインをダウンロードしてください。

VGMの説明書には何を記載する必要がありますか?

すべてのVGM指示書には、以下を記載する必要があります。

  • 予約番号または船荷証券(BL)番号
  • コンテナ番号
  • VGM + 重量測定単位(lbs.またはkgs.)
  • 責任者名
  • すべての大文字で書かれた署名者のデジタル署名。

VGM指示書はどのように提出すればよいですか?

  • myMSC (無料)
  • EDI(INTTRA経由;GT NEXUS経由;Cargo Smart経由)
  • MSC社内システム「Magic-Hand

 

VGMの提出遅延と誤申告に関するMSCの管理について

以下の場合、重量誤申告ペナルティを課します。

  • 実際の貨物重量がコンテナペイロードを超える
  • VGMがコンテナ積載量+風袋重量を超える。
  • VGMは貨物重量にコンテナ風袋重量を加えたものよりも小さい
  • VGMと実重量の差異が5%または1000KGSを超える場合。
  • 一方、関係当局および船舶運航会社へのタイムリーな申告を確実にするため、VGMの申告が締切時刻を過ぎた場合、VGM Late Submission Feeが課されます。
  • 手動VGM提出は不可

港湾・ターミナル

港湾・ターミナル MSCは以下のターミナルを発着するサービスを展開しており、各拠点にローカルチームを置いて、お客様をサポートしています。

  • 香港国際ターミナル(HIT)
  • モダン・ターミナル・リミテッド(MTL)